十三詣り

生まれた年の干支が、初めて巡ってくる年(数え年の十三歳)に行われるのが十三詣りです。

四月十三日数え年十三歳の男女が知恵、福徳、美声を授かるように虚空蔵菩薩に祈願する十三詣り。

女の子は初めて本裁ちの着物を着る習わしです。

 

本来は数え年なので小学校5年生で行う人もありますが、近年は小学校を卒業し中学に入る春に知恵をもらいにお詣りする、と言うのが一般的です。

 

当店でも、中学に入る年に制服の写真と一緒に撮影されるようにお勧めしております。

着物は無料です。着付け、ヘアメイクも無料です。料金は六切3P1冊25,000円(税別)〜となっております。

<中学生になるお嬢様に・・>

写真はクリックすと大きく表示されます。